映画 “ワールド・ウォー Z” を楽しむための 3 つのポイント ; WORLD WAR Z

皆様,御久しぶりです。しばらく放置していました Blog の更新をぼちぼち再開しようと思います。@holyholly 君から “久しぶりの更新は ‘ゾンビ映画’ で” とリクエストを頂いたので,御応えします。

御紹介するのは “WORLD WAR Z” です。

予告編


作品情報

 監督: Marc FORSTER
 脚本: Matthew Michael CARNAHAN, Drew GODDARD, Damon LINDELOF
 原作: Max BROOKS “World War Z: An Oral History of the Zombie War”
 音楽: Marco BELTRAMI
 撮影: Robert RICHARDSON
 編集: Roger BARTON, Matt CHESSE
 上映時間: 116 min

あらすじ

 元国連捜査官のジェリー (ブラッド・ピット) と家族の乗った車が,渋滞にはまっていた。すると,前方で爆発音が聞こえ,トレーラーが無数の車をはじき飛ばしてクラッシュし,パニック状態の群衆が通りになだれ込んでくる。そのただならぬ状態から家族を守ろうと,妻子を連れて逃げるジェリー。やがて,彼は人間を凶暴化させる未知のウイルスが猛スピードかつ世界的規模で感染拡大しているのを知る。そんな中,元国連職員の技能と知識を買われたジェリーは,各国を回ってウイルスの感染原因を突き止めるよう依頼される。 (“映画『ワールド・ウォー Z』 – シネマトゥデイ” より引用)

オススメ度 (5 段階評定)

 ★★★★☆

感想

Max BROOKS 氏の小説 “World War Z: An Oral History of the Zombie War” を原作とするゾンビ映画です。新宿ピカデリー にて 2D 字幕で鑑賞しました。映画は,原作とはだいぶ異なるようで原作好きの方には評判が悪いようですが,僕はゾンビ映画好きなのでこころの底から楽しむことができました。何でもすでに続編の製作が決まり三部作になるようです。いやはや。

WORLD WAR Z
WORLD WAR Z
posted with amazlet at 13.08.30
マックス・ブルックス
文藝春秋
売り上げランキング: 22,260

個人的には Max BROOKS 氏の “THE ZOMBIE SURVIVAL GUIDE: COMPLETE PROTECTION FROM THE LIVING DEAD” がオススメです。ゾンビ・パンデミックが起きたときに生き延びるための指南書です。必携です。

ゾンビサバイバルガイド
マックス・ブルックス
エンターブレイン
売り上げランキング: 808

“WORLD WAR Z” を一言で表現するのなら,Brad PITT 氏が主演のゾンビ映画です。日本では “Z” が “ゾンビ” であることを隠していたり,予告編でもゾンビを写さないことで,ゾンビ好きからは叩かれていますが,僕に言わせればゾンビ映画に貴賤はないのです。というわけで,以下ではゾンビ映画としての魅力を中心に御紹介したいと思います。なるべくネタバレしないように書きますが,観る予定のある方は読むのをやめておいてください。


僕がゾンビ映画を鑑賞するポイントは 3 つです。

 Point 1: ゾンビの設定
 Point 2: パンデミックによる混乱の中での人間ドラマ
 Point 3: ゾンビへの対抗策


まずは “Point 1: ゾンビの設定” についてです。”WORLD WAR Z” におけるゾンビは “走る” タイプです。しかも,身体能力がかなり向上しておりゾンビたちは力が強く動きも速いため,混乱が激しくて息をつく暇がありません。またゾンビに噛まれてからの感染と発症も速く,劇中では “12 秒” で発症するという設定でした。

George A. ROMERO 監督の “NIGHT OF LIVING DEAD” に端を発するゾンビ映画におけるゾンビは,動きが緩慢で,武器を持たない人間でも 1 対 1 なら何とか勝てそうなものだったわけです。この場合,集団に囲まれなければ何とかなるので,人々はショッピングセンタなどに立て籠もって対抗するわけです。また,噛まれてからの感染と発症もじわりじわりと迫ってくるので,ここで “Point 2: パンデミックによる混乱の中での人間ドラマ” として魅力が際立ってくるわけです。

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) (2010-10-02)
売り上げランキング: 3,832

しかし,”28 DAYS LATER” という映画が,この設定に革命をもたらしたわけです。”WORLD WAR Z” にも登場する “走る,感染の速いゾンビ” の設定は,ゾンビ映画に新しい構造をもたらしたわけです。設定以外にも “WORLD WAR Z” は “28 DAYS LATER” からかなり影響を受けていると思います (“28 DAYS LATER” の続編の “28 WEEKS LATER” の方かも)。

28日後… [Blu-ray]
28日後… [Blu-ray]
posted with amazlet at 13.08.30
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013-10-02)
売り上げランキング: 60,003

“WORLD WAR Z” の “走る,感染の速いゾンビ” はとにかくアグレッシブです。攻撃力が高く,襲われると武器のない状態では対抗することが難しい種類のゾンビです。劇中でも本当に恐く,いつ襲われるのか,いつ襲われるのかとゾンビが画面内に写っていないときでも最後まで緊張が解けなかったです (そう最後までは… この点は,Point 3 とつながります)。”WORLD WAR Z” におけるゾンビは五感も鋭敏でどこからともなく襲いかかってきます。

また集団で津波のように迫ってくるゾンビの映像表現は,ゾンビ映画好きも納得の迫力あるものでした。予告編にもある壁を乗り越えるところからの展開はすこぶる映像のテンションが高かったです。こういう迫力のある映像が観られただけで,僕としては大満足です。


Point 2: パンデミックによる混乱の中での人間ドラマ” は,ゾンビ映画の醍醐味でもあります。ゾンビが増殖する世界の中で人々は協力したり,争ったりしながらサヴァイヴァルをしていきます。ときには人間同士で戦うこともありますし,大切な人が目の前でゾンビになり,まさに命をかけた生存競争を迫られるわけです。少し前に話題になった海外ドラマ “THE WALKING DEAD” は,この部分がしっかりと描かれているため人気を博したのも肯けます。

ウォーキング・デッド Blu-ray BOX
角川書店 (2012-02-24)
売り上げランキング: 14,732

“WORLD WAR Z” では,Point 2 はあまり描かれません。とにかく映画の展開が速いので,じっくりとドラマを描く余裕がなかったのかなと思いたくなるくらい。Brad PITT 氏が演じる Jelly が家族の身柄の安全を確保するために仕方なく危険な作戦に身を投じるところで描けそうなものですが,あまり掘り下げられることもなく残念でした。人間同士の醜い争いのようなものも描かれないので,この点に関してはとても不満が残りました。まるでフラグを消化するだけのゲームのように退屈で味気ないものでした。


Point 3: ゾンビへの対抗策” は,ゾンビ映画の中では物語の推進力となる部分です。増殖するゾンビへの対抗策は,映画によってさまざまです。基本戦法としては立て籠もり,物理的な攻撃による各個撃破で,ゾンビに対する根本的な対抗策が示される作品もあります。

“WORLD WAR Z” は,まさにこの “ゾンビへの対抗策” を探す御話で,どうやったらゾンビに対抗できるかをあてどもなく探すことで物語は前へ前へと進んでいきます。この点はこれまでの映画にはない素晴らしい展開だったので,是非,御自身の目で御確認ください。Point 3 で白眉なのは “SHAUN OF THE DEAD” ですが,それに勝るとも劣らない展開でした。

ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル (2012-04-13)
売り上げランキング: 1,150

また,映画評論家の町山 智浩氏が指摘していたように “WORLD WAR Z” を世界の格差のメタファであると捉えることももちろんできると思います。これはゾンビ映画に共通するテーマでもあって,マジョリティとマイノリティの対立はいわばゾンビ映画の裏の主題ともいえるわけです。しかし,そんなことは映画やゾンビのオタクが考えればいいことなので,頭を空っぽにしてみてもらって十分に楽しめると思います。

映画の展開としては,後半に向けてどんどんストーリィの規模が小さくなっていく点を物足りないと感じることもあるでしょうが,俗にいう “だるまさんがころんだ” も METALGEAR SOLID のようで楽しめました。製作の段階でいろいろな問題が生じたため,脚本が二転三転したことや映画のレーティングを下げるために撮影が済んでいた最終決戦場面をカットしたり,中国でも公開するためにウィルスの発生源をうやむやにしたり,映画としては不満残るところもあると思いますが,それは後の 2 作でしっかりと描いてもらうこととしましょう。そのときも Brad PITT 氏はアクションするのかしらん。人気もあるようなので気になっている方は是非とも劇場でどうぞ。

映画を観終わったあと駅へと向かいながら,同じように駅へと歩く人々がゾンビになったらどうしよう… と想像してみて恐くなりました。まず間違いなく生き延びることはできないなと。ゾンビ映画を観たあとの現実の世界が一変して見える体験はとても楽しいものでした。その何とも言われぬ終末感を体験するだけでもゾンビ映画を観る価値はあると思うのです。是非とも御一緒に。


映画『ワールド・ウォーZ』オフィシャルサイト 大ヒット感染拡大中!
http://www.worldwarz.jp/

2012 年に観た映画 BEST 10 ; Top 10 Cinemas in 2012



Video streaming by Ustream

先日,@satobo0 君と @ckosuke 君の 3 人で 2012 年に観た映画 BEST 10 を御紹介したので,その USTREAM 配信を御紹介します。

劇場公開作品だけでなく,DVD で観たものも含め 2012 年中に観た映画作品というルールで御紹介しています。ちなみにランキングは以下に折り込みます。USTREAM 配信を聴いてから,御覧ください。

続きを読む

iPhone と Bluetooth で同期する心拍数計を購入して,RunKeeper と同期してみました ; Polar H7 Bluetooth Heart Rate Sensor

Polar H7 Bluetooth Hear Rate Sensor

ランニングの改善として心拍数トレーニングを本格的に始めようということで,”Polar H7 Bluetooth Hear Rate Sensor” を買ってみました。


製品と同梱物

ポラール(Polar) Polar H7 Bluetooth トランスミッター(並行輸入品)
Polar(ポラール)
売り上げランキング: 4,476

Bluetooth で iPhone 5 で同期できることを事前にしっかりと下調べしました。ジムなどにあるランニングマシーンでも Polar の Bluetooth 端末と同期できるものなら使用できるみたいです。僕は想定していませんでしたが,そういう使い方もあるんですね。んで,内容物は以下。

Polar H7 Bluetooth Hear Rate Sensor


センサと胸に固定するためのバンドと取扱説明書。Polar さんの取扱説明書の素っ気なさは相変わらずです。


iPhone との同期設定

さて,iPhone との同期ですが,ここでちょっと戸惑ったので御注意を。iPhone の設定 App の Bluetooth から同期するのかと思ったら,いくら待ってもセンサを認識できなかったのです。下調べはしてあったにもかかわらず,同期できるまでとても焦ったのは書くまでもありません。

結論を書くと,センサを同期させて使う App でそれぞれに設定する必要がありました。もちろん iPhone の設定 App から Bluetooth をあらかじめ on にしておきます。僕が利用するのは RunKeeper です。

FitnessKeeper, Inc.
無料
posted with iTunesLinker at 13.01.05

RunKeeper*Polar H7 Bluetooth Hear Rate Sensor


【Settings】の【Heartrate Monitor】から【Pair】を選びます。

RunKeeper*Polar H7 Bluetooth Hear Rate Sensor


するとすぐに端末が表示され,同期ができたことを教えてくれます。簡単です。

RunKeeper*Polar H7 Bluetooth Hear Rate Sensor


【Start】に戻るとハートマークと Connected の文字が【Start Activity】の上に表示されます。これだけ。


使用した感想

実際に走ってみて感じたのは,RunKeeper ではあまり使えないかも,という身も蓋もないものです。

というのも RunKeeper では【Audio Cue】のタイミングを距離か時間でしか設定できません。心拍数トレーニングをすることを考えると,メニュにある心拍数ゾーンを上回ったり,下回ったりしたときに音声で教えて欲しいわけです。単純に心拍数のデータと同期するだけではトレーニングにはなりません。

というわけで,この改善についてはまた別の記事で。

おなじあい ; SAME LOVE

MACKLEMORE & RYAN LEWIS の “SAME LOVE feat. MARY LAMBERT” の MV です。映画評論家の町山 智浩氏の “あけましておめでとうございます – ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記” の記事にある訳詞がとても良かったので御紹介。YouTube の動画を観て,日本語の歌詞を確認して,もう一度,動画を再生し直してみてください。

Macklemore & Ryan Lewis
価格:200円
posted with iTunesLinker at 13.01.06
同性婚あるいは同性愛についての歌詞を日本語でわかりやすく訳してくれています。町山氏の著書を読むようになって,アメリカでも同性愛に対する偏見がまだ歴然とあるのだと知るようになりました。

教科書に載ってないUSA語録
町山 智浩
文藝春秋
売り上げランキング: 5,210

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない (文春文庫)
町山 智浩
文藝春秋 (2012-10-10)
売り上げランキング: 7,647

アメリカは,日本よりもずっとそうした差別が少ないのだと思っていました。まして Hip Hop のような人種差別に対する反感を背景に持つような音楽ですら,同性愛に対する差別があることにはとても驚きました。いずれも僕が知らなかったために生じた誤解でした。


MACKLEMORE & RYAN LEWIS – SAME LOVE feat. MARY LAMBERT (OFFICIAL VIDEO) – YouTube

ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記

2012 年のランニングをふりかえって,考えたこと ; Running Report 2012

2012 年のランニングをふりかえって分析し,2013 年の充実したランニングへといかしていきたいと思います。

ランニングの記録は “RunKeeper” で計測しています。気になる方はどうぞ。

FitnessKeeper, Inc.
無料
posted with iTunesLinker at 13.01.05
Monthly Running Report

以下は,月間の走行距離の棒グラフです。RunKeeper の Fitness Report の無料アカウントでみられる範囲のデータでふりかえります。

RunKeeper Fitness Report 2012 (Month)

月間の走行距離では 2012 年 2 月が 119.70 km (74.38 miles) ともっとも長く,2012 年 7 月が 29.90 km (18.58 miles) ともっとも短かった。総走行距離は 766.56 km (476.32 miles),月平均で 63.88 km (39.69 miles) を走ったことになります。

走り始めた 2010 年 3 月からの総走行距離は 2,620.80 km (1,628.49 miles) になります。いやはや…


Weekly Running Report

RunKeeper Fitness Report 2012 (Week)

↑ は週間の走行距離のグラフです。だいたい月間と同じ (当然)。週平均だと 14.74 km (9.16 miles) で走っていることになります。週に 3 日走る計算で 4.91 km (3.05 miles) / day くらい。走っている実感としてはもう少し長距離なので,週に 2 日走る計算の 7.37 km (4.58 miles) / day の方が近い。このことからも 2013 年の目標設定は妥当かなと。

週に 1 回も走れていない期間が 6 回もあって,このことが目標出走回数に到達しなかったことの原因であると考えられます。5 月に肋骨を亀裂骨折したために棒に振っていたり,7 月・8 月は忙しくて走れなかったりと生活の変化にルールが対応しきれなかったことが,この問題の根本でしょう。


ランニング習慣のマンネリ化とライフスタイルの変化

ランニングを始めてもうそろそろ 3 年になります。走行距離や平均ペースなどもこの 1 年くらいは安定しており,習慣として身につきました。ランニングの目的である【体力作り】にも十分に成功しています。継続は力なり,です。

ランニングが少しも好きでない僕は,意志や気分に頼らずに,ルールと仕組みを作って走ることにしています。走って体力を作ることを目標にするのではなく,走り続けることを目標にすることがポイントです。2013 年にダイエットや体力作りを始めようと思っている方には以下の書籍をオススメします。

やせる「仕組み」で人生を劇的に変えるiPhoneダイエット
立花岳志
サンマーク出版
売り上げランキング: 5,427

No Second Life” という有名 Blog を運営されている立花 岳志氏 (@ttachi) の書籍です。簡単に読めて,仕組みの作り方がわかりやすかったのでオススメです。

しかし,そんな僕も “ランニングのマンネリ化” は避けられません。2012 年に目標を達成できなかった理由のひとつでもあると思います。ランニングを始めた当初の目的はほぼ達成されており,ランニングをすることで新しい発見や驚きがえられないことが原因です。そのため 2013 年には対策を講じる必要があります。

そこで “心拍数トレーニング” を始めようと考えています。僕がメインで使っている iPhone 5 と RunKeeper では Bluetooth のハートレイトモニタを使うことになります。RunKeeper Store では Wahoo のものがオススメされています。


僕が気になっているのは Polar のものなので,試してみて Blog で報告します。

ポラール(Polar) Polar H7 Bluetooth トランスミッター(並行輸入品)
Polar(ポラール)
売り上げランキング: 3,939

また,スケジュールさえ合えばフルマラソンに参加しようと思います。ランニングの新しい目標を作ることでマンネリ化を打開することを狙っています。

もうひとつ課題があります。それはライフスタイルの変化です。喜ばしいことに仕事が忙しくなってきたため自分の時間を確保できないことが増えてきました。今後もどんどんその傾向は強まるとことが予想されるため対策が必要です。

これにはランニングのルールをやや柔軟に運用することで対応しようと思います。ルール作りについては “走ることが好きでなく,得意でもない僕が 1 年間,走り続けることができた 3 つの理由 ; A Continuing Running Basis” に書きました。

1 週間のうちに曜日を決めて 3 日走ることにしているので,現在のこのルールが運用できそうもない場合はやや柔軟に 【ランニングを 2 回 / 1 週する 】を適用し,連続して 2 日走ることも許容してみます。もちろん,基本は【走ることが厭にならないように走り続ける】なので少しでも無理そうなら方針転換すると思います。

まとめ

というわけで,2013 年は【2 回 / week】で心理的・身体的に頑張ることなく走り続けたいと思います。

ランニングを続けることは簡単なことではありませんが,不可能なことでありません。生活の変化などに対応しつつ良い習慣を続けていくことの難しさを痛感した 2012 年でした。


Summary

    Total Annual Distance: 766.56 km (476.32 miles)
    Average Monthly Distance: 63.88 km (39.69 miles)
    Average Weekly Distance: 14.74 km (9.16 miles)
    Average Daily Distance: 8.61 km (5.35 miles)

2013 年の御挨拶 ; The objectives 2013

明けましておめでとうございます。本年も宜しく御願い致します。

Blog の更新がずいぶんと滞ってしまい,大変申し訳ないことです。無事に新年を迎えることができました。本年,最初の更新です。

DANBOARD*SOLID SNAKE


さて,例年通りに 2012 年の目標を振り返ってから,2013 年の目標を立てようと思う。

以下が,2012 年の目標。

  1. 論文を 3 本 / 1 週間読み,フォーマットにまとめる
  2. 平日は Blog を 1 回 / 1 日更新する
  3. ランニングを 2.5 回 / 1 週する

(1) は達成できた。年間で計 156 本。目標 3 本 / week を達成。仕事が忙しかったけれど,その分,論文を読んだり,本を読んだりすることが増えた。引用文献や参考文献で幅広く読めた。また後輩たちの論文指導のために専門分野でない論文を読めたのも楽しかった。

フォーマットにまとめるのがとても億劫なので Evernote で管理する方法を考えようと思う。やはり “読むための準備” は重要であると再認識。

(2) は達成できなかった。8/17 の更新を最後に更新が滞ってしまった。ネタ集めはしていたのだけれど,書くことができなかった。単純に Blog に費やす時間が足りなくなってしまった。33 週で 199 回の更新できており 6.03 回 / week のペースと順調だったが,年間で換算すると 3.83 回 / week となった。

更新がなかったためアクセス数は減少した。アクセス数を伸ばすためには更新回数だが,もっと内容のある記事を更新していきたい。自分のしていることをふりかえり,少しでも有益な情報を共有するという web コミュニティの意義をもう一度,考え直したい。

(3) は達成できなかった。目標は 130 回 / year だったけれど,実績は 89 回 / year だった。走れない日が 41 日あった (2011 年の 36 日よりも 5 日増えた)。5 月に肋骨を亀裂骨折するなどのアクシデントがあったものの,単純に忙しくなって走る時間がとれなくなったことが原因だと考えられる。年間走行距離も 778.1 km で 1,000 km には届かなかった。昨年と同様にランニングについてのまとめはまた別の記事で。


では,2013 年の目標である。ライフスタイルの変化も含めて,(1) (2) (3) の目標を修正しつつも継続していきたい。

  1. 論文を 2 本 / 1 週間読み,フォーマットにまとめる
  2. 平日は Blog を 3 回 / 1 週間で更新する
  3. ランニングを 2 回 / 1 週する
  4. 学位を取得する

(1) は,”学術論文を【2 本 / week】読む” ことが目標。1 年は 52 週なので【104 本 / year】。【8.67 本 / month】が目標。2012 年からは少し目標値を下げた。これは目標 (4) のために時間を費やしたいため。
・月末に翌月に読む論文 9 本を探す → 印刷する or 複写依頼をする
・未読論文用のファイルに入れる → 読む → Evernote のフォーマットにまとめる
・まとめたら ScanSnap で PDF にする → Evernote に保存する → ハードコピィは捨てる

(2) も継続。”Blog を【3 回 / week】更新する” ことが目標。年間で 【156 回】。もう少し自分の趣味に偏った内容の更新としっかり読める記事を書こうと思う。近年はだいぶ一般化の傾向のあった本 Blog だけれど,今年は生活が大きく変化しそうなので,そこにどのように対応できるかで決まると思う。

(3) は,目標値をさらに下方修正。”楽しく走り続けて,体力作りをする” ことが目標なので,無理はしないように。詳しくは “走ることが好きでなく,得意でもない僕が 1 年間,走り続けることができた 3 つの理由 ; A Continuing Running Basis” をどうぞ。
というわけで,”ランニング を【2 回 / week】する” ことが目標。年間で【104 回 / year】になるので 2012 年のペースで走っていると少し足りない。現在の曜日を固定する方式から,週 2 回を満たせるように変更した方がいいかもしれない。これについては運用しながら考える予定。

(4) は,そのまま。2013 年の目標はこれだけでもいいくらい。本当にこれのために 1 年間,頑張る予定なので,人付き合いが悪くなるかもしれませんが悪しからず。

というわけで,皆様,本年も御引き立てのほど,宜しく御願い致します。


ふたつの世界を含む ; Within Two Worlds

雄大な大自然を体感できる TimeLapse を御紹介。

御盆休みも終わり,そろそろ夏も終わり。休みを満喫できた方も休むことのなかった方も季節の移ろいの前には平等です。


Within Two Worlds on Vimeo



ランニング記録 Aug.17.2012 ; Running Records Aug.17.2012

RunKeeper

    Total Time: 37:52
    Total Distance: 7.02 km (4.36 miles)
    Average Pace: 5:24 min/km (8:41 min/miles)
    Burned Calories: 532 calories
    Comment: ペース走。晴天。陽射しが強く湿度も高かった。”平日は毎日走ろう” キャンペーン 5 日目で最終日。つつがなく終了。内臓の辺りに疲労が蓄積している感じがする。毎日走るのはやはりしんどかった。もうするまいぞ。週末は Futsal があるので土曜日のランニングは休み。
    ランニング後にシューズを洗った。とりあえず洗剤に浸け置きして,しばらく放置してから洗って,陰干し。ソールをみるとややオーパプロネーションで走っている様子。まだしばらくはこのシューズで行けそうだと思った。

Total Running Records

    Total Annual Distance: 516.16 km (320.73 miles)
    Total Monthly Distance: 56.58 km (35.16 miles)
    Total Weekly Distance: 33.06 km (20.54 miles)

記録には “RunKeeper Pro RunKeeper Pro - FitnessKeeper, Inc. (App Store が開きます)” を使っています。


檮原木橋ミュージアムを見に行きたくなった件 ; Yusuhara Wooden Bridge Museum

Yusuhara Wooden Bridge Museum from JA+U on Vimeo.

檮原木橋ミュージアムの動画が素敵だったので御紹介。

江戸時代の跳ね橋にイスパイアされて設計されたものだそうです。言われてみればですが,個人的には神社や仏閣の屋根を支える構造に似ているように思いました。

隣にある “雲の上のホテル” も素敵なのでいつかは行ってみたいものです。四万十川いえば牛鬼か,くらいの妖怪馬鹿にはちょっともったいない気もしますが。


Yusuhara Wooden Bridge Museum on Vimeo


Yusuhara Wooden Bridge Museum | JA+U
https://www.japlusu.com/news/yusuhara-wooden-bridge-museum


ランニング記録 Aug.16.2012 ; Running Records Aug.16.2012

RunKeeper

    Total Time: 37:46
    Total Distance: 6.96 km (4.33 miles)
    Average Pace: 5:26 min/km (8:44 min/miles)
    Burned Calories: 545 calories
    Comment: ペース走。晴天。陽射しが強く残暑が厳しかった。”平日は毎日走ろう” キャンペーン 4 日目。ペースは上がらなかったが,昨日よりは疲労感が少なかった。身体はずっと重いように感じたので疲労がないわけではないと思う。故障しないように気をつけたい。

Total Running Records

    Total Annual Distance: 509.14 km (316.36 miles)
    Total Monthly Distance: 49.56 km (30.80 miles)
    Total Weekly Distance: 26.04 km (16.18 miles)

記録には “RunKeeper Pro RunKeeper Pro - FitnessKeeper, Inc. (App Store が開きます)” を使っています。