文房具好きはボールペンを選ぶ ; uni JETSTREAM*TOMBOW REPORTER

島宗先生の “自然と人間を行動分析学で科学する: 三菱鉛筆 UNI JETSTREAM(ジェットストリーム) Fシリーズから考える購買動機と消費行動をつなぐ仕組み” の記事を読んで面白かったので,文房具好きとして記事を書いてみようと思います。

★も uni JETSTREAM は愛用しています。手書きが嫌いなので,できるだけ書きやすく疲れないものを選ぶと JETSTREAM か ZEBRA サラサ あたり落ち着くようです。

uni JETSTREAM*TOMBOW REPORTER

しかし,★の御記に入りは TOMBOW REPORTER シリィズです。↑ の画像の上側の青いボールペンです。

uni JETSTREAM*TOMBOW REPORTER

REPORTER シリィズの良い点は 3 つ。多色ボールペンにしては軸が細いこと,各色のノックボタンの形状が異なるので目視しなくても色を選べること,クリップが大きく壊れにくいことです。

uni JETSTREAM*TOMBOW REPORTER

多色ボールペンは手帳やノートに挟むため,どうしてもクリップの破損しやすく,それが悩みの種でした。REPORTER シリィズはその悩みをほぼ解決してくれます。↑ の画像のように大きく開くので場所を選ばずクリップできます。

しかし,ここで問題です。REPORTER シリィズでは書き心地が満足できないのです。文房具好きは本当に困った生き物ですね。そこで,その問題 (それは問題か?) を解決する方法を御紹介します。方法は簡単です。

JETSTREAM の替え芯を購入することです。

uni JETSTREAM*TOMBOW REPORTER

JETSTREAM の替え芯 (型番: SXR-80-05) は TOMOW REPORTER に挿してもまったく問題なく利用することができます (↑ の画像でも太さは違うのですが,同じ替え芯が入っているのが確認できますね)。

どの替え芯もだいたいは相互に利用可能なのですが,ノックボタンを押したときの引っかかりが気になったり,色の入れ替えができなかったりする場合もあるので,もし他のペンで試す際には注意が必要です。

これで形状も書き心地も満足のいく多色ボールペンができました。たかが文房具と思われるかもしれませんが,一度,使ってみると癖になります。作業効率を下げたくない (決して,上がるわけではない点が重要) 方は是非どうぞ。

自然と人間を行動分析学で科学する: 三菱鉛筆 UNI JETSTREAM(ジェットストリーム) Fシリーズから考える購買動機と消費行動をつなぐ仕組み
http://simamune.cocolog-nifty.com/nature_human_and_science/2011/08/uni-jetstreamf-.html

トンボ鉛筆 リポーター 4色 BC-FRC12 スモーク
トンボ鉛筆
売り上げランキング: 10843

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です