OS X Lion の便利だなと思った機能をまとめてみた ; OS X Lion’s New Features

OS X Lion (10.7)

@holyholly からリクエストもあったので,Mac が OS X Lion の便利だなと思った新機能をまとめておこうと思います。

アップル – OS X Lion – 世界で最も先進的なコンピュータのオペレーティングシステム。
http://www.apple.com/jp/macosx/

OS X Lion (10.7)

といっても SnowLeopard (10.6) から Lion (10.7) への update で 250 を超える新機能があると Apple さんが仰っていますし,全部を紹介することはできません。★が利用していて気づいた機能だけですので,悪しからず。

アップル – OS X Lion – 250を超える新機能をすべてご紹介します。
http://www.apple.com/jp/macosx/whats-new/features.html

長くなったので続きは折り込みます。興味のある方だけどうぞ。

  • オートセーブバージョン
  • OS X Lion (10.7)

    OS X Lion (10.7)

    まずは “オートセーブ” と “バージョン” の機能です。まだ対応しているアプリケーションが少ないので実力を発揮していないのですが,今後,もっとも使い勝手を変える機能のひとつだと思います。Mac Office 2011 が対応したら,かなり恩恵を受けると予想されるので,Microsoft さんには頑張って頂きたいところです。今後に期待しています。

  • Finder
  • OS X Lion (10.7)

    次に,Finder 関連を。実はかなりいろいろと仕様変更があって,便利になったなと感じている機能があります。”マイファイル” は正直,微妙ですが,それ以外はなかなか宜しいかと。

    まず,”ファイルの並べ替え” です。”並び順序” で各カテゴリの順番に並べ替えができるのですが,ファイルの “種類” で並べ替えると ↓ のようになります。

    OS X Lion (10.7)

    これがファイルを探すときに意外と便利なのです。というのも,Windows を利用しているときには ↓ のようなフォルダ表示を使っていたためです。Mac に移行したときに唯一の不満点が,ファイルの種類ごとに並べ替えて表示ができる機能がないことでした。

    Windows XP Folder

    できれば,Windows のようにファイルをすべて表示してくれると便利なのだけれど… (ちなみに,画像は同じフォルダを表示しています) 横並びなのはジェスチャで操作させたいがためなのだろうと思いますが,あまり便利とは言えないです。すべてのファイルの種類に対して “すべてを表示” にすると逆に一覧性が下がってしまいファイルを探しにくくなってしまうのが残念です。

    次に,”検索トークン” 機能も便利です。上記の理由から,Spotlite でファイルを検索することが習慣になっていたので,”ファイルの拡張子” と “作成期間” などで細かく検索トークンを作成できるのは非常に便利です。

    最後に,Windows からの移行組には朗報の “フォルダの結合” と “両方のファイルを保持する” 機能です。Mac ではフォルダ (ファイルも同様) をコピィする際に,コピィ先のディレクトリに同じ名称のフォルダがあると上書きしてしまいます。Windows では同じ名前のフォルダ (ファイル) があると警告メッセージが出るのですが,Mac だとぼんやりしているとそのまま上書きしてしまい大惨事ということになりかねません。

    しかし,”フォルダの結合” と “両方のファイルを保持する” 機能では,上書きでも別のフォルダとして残したいという場合の両方でも適切な処理ができます。こういう普段からよく使う機能が改善されるのは嬉しい限りです。

  • Lion の復元機能
  • OS X Lion (10.7)

    Mac は復元や環境移行にとても親切な機能を備えています。Lion ではとくにシステムの復元に物理的な起動ディスクを持つ必要がないという驚くべき仕様です。詳しくは コチラ を参照して頂くとして,ネットワークさえあれば復元が可能というのはかなり画期的な機能かと思います。

    アップル – OS X Lionの復元機能 – Lionの復元機能、登場。
    http://www.apple.com/jp/macosx/recovery/

  • Mac App Store
  • OS X Lion (10.7)

    SnowLeopard から導入された “Mac App Store” の機能も改善されているようです (ほとんどわかりませんが)。何より便利なのは,複数台の Mac を持っている際のソフトウェアのインストォルですね。update の “プッシュ通知” も便利。

  • Mission Control
  • OS X Lion (10.7)

    “Mission Control” については,先日も “7 月のライオン ; July Leaves Like a Lion” で紹介したとおり,便利なのか悩みどころです。

    Spaces が縦方向に利用できなくなった理由もマルチタッチジェスチャのためだろうと思われます。とにかく Apple さんとしては 3 本指の横スワイプで画面移動をさせたいようです (3 本指で上スワイプで Mission Control がデフォルト設定なので,縦方向に Spaces の画面を設定した場合に画面移動とジェスチャが被ってしまうから。Mission Control を別のジェスチャにすれば解決するのに… )。フルスクリィン表示にしたアプリケーションを 3 本指横スワイプで切り替えるときの快適さは慣れると病みつきです。

  • マルチタッチジェスチャー
  • OS X Lion (10.7)

    SnowLeopard からのマルチタッチジェスチャは Lion の仕様にかなりの影響を及ぼしています。iOS との統合と謳われた機能で (iOS 5 が出るまでは完全な統合はされていませんが),この操作方法を実装するために各種機能が配置されているようにすら感じます。

    慣れると便利ですが,機能的であるかどうかは評価の分かれるところでしょう。個人的にはキーボードによる操作の方がミスが少ないので仕事をしているときはあまり使いません。逆に,仕事以外のときは非常に快適に利用しています。★としては On/Off の切り替えができて良い面も。

    OS X Lion (10.7)

    あとマルチタッチジェスチャで個人的なヒットは “3 本指でダブルタップ” によって辞書を検索できる機能です (↑ の画像参照)。タップとクリックを意識せずに使い分けられるようになるまで苦労しましたが,辞書を即座に検索できるのは素晴らしいです。

  • ネットワーキング
  • OS X Lion (10.7)

    これもあまり他の人には便利でないかもしれないのですが “アクセスが制限されたネットワーク” への接続が便利でした。★の大学の無線 LAN ネットワークは,無線への接続については暗号化がされておらず誰でも接続が可能なのですが,その後,ブラウザで認証を行う必要があります。この機能を使うとブラウザを起動していなくても認証のための画面が自動で表示され,認証を済ませば画面がすっと閉じます。iPhone の無線 LAN への接続っぽい感じですね。とてもスマートです (たまに起動してくるのが遅いですが…)。

    SMB についてはちょっと困ったこともあったのですが,それはまた別の機会にでも。

  • 再開
  • OS X Lion (10.7)

    Mac ユーザは OS のシャットダウンや再起動をあまりしないと思いますが,地味に便利です。とくに MacBook Air の再起動と環境復帰の速さには脱帽です。Apple さんがどちらの方を向いているか予想ができる機能ですね。

  • そのほかの機能
  • OS X Lion (10.7)

    Windows では当たり前なのですがウィンドウの “サイズ変更をどこからでも” できるようになりました。option キィを押しながら調整すると縦方向,横方向,縦横比を固定したままウィンドウサイズの変更ができて便利です。Lion が押すフルスクリィンアプリケーションの機能からすると,前時代的な使い方かもしれませんが…

とりあえず,以上です。個人的には 2,600 円という “破格の値段” と “パッケィジ販売なし” という点も素晴らしい機能だと思います。

OS はもっとも触れる時間の長いソフトウェアです。”OS の使いやすさ” = “コンピュータの使いやすさ” だと思います。★は,Windows から Mac に移行して OS に対するストレスを感じることがとても少なくなったので満足しています。

新しいコンピュータを購入する方から “何を買ったらいいですか?” とよく訊かれます。ほとんどの場合,Windows のコンピュータを薦めることにしています。なぜなら “Mac は使うのが難しい” と必ず言われるからです。

たいていの人は Mac に触れたことがないのに口を揃えてこう言うことは,とても面白い現象だと思います。この点は意見の分かれるところだと思いますが,現状で Windows よりも Mac の方が使うのが難しいとは思いませんし,その逆もしかりです。

また,たいてい★に “何を買ったらいいですか?” と質問する人は自他ともに認める “初心者” の方が多いです (それ以外の方は,モデルを比較してどちらがいいか,という問いになるので弁別できる)。むしろ,個人的には Mac OS の方がユーザフレンドリィだと思うので,最近は初心者の方こそ Mac の方が良いのではないかとすら思うようになりました。少なくとも iPhone を利用していて使いづらいと思わないのなら,Mac を使っても問題ないと個人的には考えています。

ただでさえ不慣れなコンピュータ環境を OS ごと変えるのは初心者の方にとって大きな負担であることは想像に難くないので,”Mac の方が良いのではないか” と思いつつも “Windows を薦める” わけです。人間とはなかなか難しい生き物ですね。まぁ,Windows 7 はかなり使いやすい OS だし。

ときどき勘違いされるのですが,★はいわゆる “Apple 信者” ではありません。コンピュータ関連はとても好きですが,Apple が好きというわけではありません。たまたま Mac を使ってみたところ使いやすかったので使い続けているだけです。

将来,もっと使いやすいコンピュータが現れたら,たとえ Mac でなくともそちらを使うでしょう。あと 5 年くらいは変わらないと予測していますが,その時期が早まったらとても面白いですね。使いやすいコンピュータばかりで選べない,という贅沢な未来が来れば良いと思いますが,はてさてどうなることでしょう。今から未来が楽しみです。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です